どうして…スマートフォン・iPhoneの通信ができなくなってしまったときの対応方法!!

[2019/08/19]

iPhoneやスマートフォンを利用しているとふとした瞬間に圏外表示になってしまったり、データ通信やSIMを読み取らなくなってしまっていることがあります。
現在の大手3キャリアは各社ほぼ国内全エリアをカバーしており、よほどの山奥や海辺等の僻地に行かない限り圏外になる事はありません。
しかし、明らかに電波が通っている場所で突然圏外になってしまったり、データ通信が切れてしまったりする場合もあります。
実際私も携帯電話を問題なく利用出来ている自宅で圏外表示になってしまったり通勤中にデータ通信が切れてしまったことが数回あります。
今回はそんな時に故障か・端末や電波環境の不具合兼ね合いでに一時的に起きてしまっている問題かを見極める方法をご紹介します!!

iPhone・スマートフォンが通信していない…対処方法!!

その①:機内モードをオンオフしてみる

機内モードとはその名の通り飛行機に乗る際に利用する電源を切らずにiPhoneやスマートフォンの電波を止める機能です。
圏外になっている理由が電波干渉や電波塔から電波塔への切り替えが上手くいっていない状態の場合は機内モードをオンオフすると治る可能性が高いです。

その②:本体設定の中の『モバイルデータ通信』をオンオフしてみる
機内モードと内容は同じですが、こちらの場合は圏外の状態というよりも、電話はできるがインターネットの接続が不安定という時に用いる方法です。
また、モバイルデータ通信のみをオンオフするのでオフの期間中も電話番号に掛かってきた電話だけは受け取れるのが特徴です。

その③:外出中の場合は公共Wi-Fiに接続しようとしていないか確認する
公共Wi-Fiは簡単な会員登録でお金がかからず利用できるというメリットがありますが、沢山の人が利用する為Wi-Fiの電波が弱くなってしまう事があります。
スマートフォン・iPhoneで、『Wi-Fiに接続している時はモバイルデータ通信を利用しない』という設定にした状態で電波の弱い公共Wi-Fiに接続しようとするとスマホの通信が上手くできない場合があります。
その場合は一旦スマートフォン・iPhoneでWi-Fiの接続設定をオフにすると解決しますが、データを利用する為、月の容量制限に掛からない様に注意が必要です。

その④:電源を切り、SIMカードを抜き差ししてみる
上記を試しても解決しない場合はSIMカードの接触不良の可能性が考えられます。
落下等、スマートフォン本体に強い衝撃が掛かった際にスマホのSIMカードがずれてしまうことがあります。
しかし、SIMを外すためにSIMピン等の専用工具が必要なスマートフォンもある為、外出先では直ぐに対応できない場合もあるかもしれません。

上記でも解決しないよ…という場合

上記4つを全て試しても解決しない場合は、SIMカードか本体どちらかが故障してしまっている可能性が高いです。
利用しているSIMガードが対応している、トラブルが起こっている端末以外に入れてみて、通信が正常に行われている場合はご利用しているスマートフォン・iPhoneの故障が考えられます。
通信が正常に行われない場合はSIMカードの破損が考えられる為、ご利用している携帯キャリアに問い合わせてみてください…。

まとめ

長くなってしまいましたが、スマートフォン・iPhoneが通信できなくなってしまった場合の解決方法でした。
スマートフォン・iPhoneの通信ができなくなると『本体が故障した可能性』が考えられやすいですが、よくよく見てみると『SIMカードの接触不良だった』や『電波が上手く拾えていなかった』という事があります。
突然利用出来なくなると焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて解決できるか試してみたいですね!


今すぐLINE査定♪
友達追加はQRコードを読み込むか「@daione」で検索!

買取総合窓口

まずはお電話で査定・ご相談
0120-958-460
電話受付
10:00~13:00 / 14:00~18:00

買取・査定

選べる買取方法

売却前のご準備

その他

店舗情報

会社概要他