大切な携帯電話を守リたい!!液晶保護フィルムをご紹介! | 公式ブログ | 高額買取のダイワン

大切な携帯電話を守リたい!!液晶保護フィルムをご紹介!

[2019/07/11]

最近のスマートフォン(iPhone・Android共に)は端末代金がかなり高額です。
そんな高価なスマートフォン、もし落として画面を割ってしまったら…。
保障に入っていればそこまで高額な修理代金は掛かりませんが、入っていなかった場合は安めの端末が1台購入できるくらいの金額で修理する事になっていまいます…。
そうならない為に!!スマホの画面に保護フィルムを貼りましょう。備えあれば憂いなしです。
今回はスマホの画面を守れる画面保護フィルムの種類をご紹介します!

 

実は一言で『保護フィルム』と言っても種類が沢山あります。
大まかに分けると、①ガラス仕様では無いフィルム・②ガラスフィルム・③塗るフィルムです。

①のガラスでは無いフィルム、プラスチック素材のペラペラしている物です簡単に言うとスマホを未使用品で購入すると本体に張り付いているアレです。
未使用品に張り付いている物は購入後の画面保護を目的としているフィルムは少なく、物によっては写真の様に表面に字が書かれていたりします。

字が書かれた液晶保護フィルム
もちろん画面の保護を目的としているフィルムも販売されており、比較的安価(数百円台~)で購入する事ができます。

②のガラスフィルムはガラスが素材となっています。
ガラスフィルムを貼っていると端末を落としてしまった時、端末本体ではなくフィルムが割れて端末本体を守ることが出来るという仕組みです。
勿論打ちどころが悪いと本体も割れてしまいますので、『ガラスフィルム貼っているから落しても大丈夫!』と過信するのはやめましょう…。
ちなみにお値段はピンきりで数百円~数千円メーカーや物によっては1万円ほどする物もある様です。

③の塗るフィルムはその名の通り液体ガラスを塗り端末を保護します。
液状になったガラスをスマートフォン本体に塗って本体を守る『塗る液晶保護フィルム』です。
別名『ハルトコーティング』と呼ばれ、簡単に貼り付けができる・重ね塗りが可能・エッジがあるスマートフォンが保護できるという特徴があります。
発売されたばかりの頃は特定のショップ等でないと入手できなかったり、貼り付け(塗り)を専門家に依頼しないといけない等ありましたが、最近はamazon等の通信販売で気軽に購入が出来る上に自分で貼り付けができたりと手軽になってきました。
価格はガラスフィルムと同様ピンきりとなっています。

様々な製品が販売されている『液晶保護フィルム』明日は選び方をご紹介します!


LINE査定 LINE査定
買取増額キャンペーン 買取増額キャンペーン
出張買取 出張買取
TOPページへ