最新iPadシリーズの比較と違いまとめ

[2019/09/04]

毎年発売されるiPadシリーズですが
【iPad】【iPad Air】【iPad mini】【iPad Pro】
様々なサイトを見てもそれぞれの特徴しか書かれていないのでわかりずらいと思ったことはありませんか?
そこで最新iPadのスペックが違う箇所だけを徹底比較してみようと思います。

iPadの比較・違い

サイズによって影響される違い
・チップと容量によって変わる価格帯
・それぞれの細かな違い
について調べてみました。

・サイズによって影響される違い

最新型番iPad Pro3
11インチ
iPad Air3iPad mini5iPad 6
サイズ幅:247.6mm
高:178.5mm
厚:5.9mm
幅:250.6mm
高:174.1mm
厚:6.1mm
幅:203.2mm
高:134.8mm
厚:6.1mm
幅:240mm
高:169.5mm
厚:7.5mm
バッテリー7812mAh9,720 mAh5,124mAh8,756mAh
ディスプレイ
サイズ
11インチ10.5インチ7.9インチ9.7インチ
重量
(Wi-Fiモデル)
468 g456 g300.5 g469 g
ディスプレイLiquid RetinaRetinaRetinaRetina

それぞれのiPadシリーズごとに大きさからわかる違いをみていきたいと思います。

iPadの比較・違い

『サイズ・ディスプレイ』
それぞれ、微妙に違うサイズ感ですがクオリティーを合わせる為にバッテリーの大きさを変えていることがわかります。
画面が大きくなると消費電力が高くなるのでバッテリー容量が増えてしまい、バッテリーが大きくなると重量も上がっていきます。
画面が大きくなる=バッテリーも大きくなる=重量が大きくなる
「iPad Pro」は最新のCPUによって効率化が上がり、消費電力が減少する為、バッテリーも小さくできるということです。全体の大きさから部品重量がかかるところバッテリーを小さくできたため「iPad Air3」より重さが少しだけ上がっただけということがわかります。

Liquid RetinaとRetinaの違い
名称:リキッドレティーナ
これは画面の角が丸くなったことをさしています。
参照:https://gori.me/ipad/ipadpro/111875

iPadの比較・違い

・チップと容量によって変わる価格帯

最新型番iPad Pro3
11インチ
iPad Air3iPad mini5iPad 6
発売日2018年11月2019年3月2019年3月2018年3月
チップ(SOC)A12X BionicA12 BionicA12 BionicA10 Fusion
容量と価格
(税別)
Wi-Fiモデル
64GB
89,800円256GB
106,800円
64GB
54,800円256GB
71,800円
64GB
45,800円256GB
62,800円
32GB
37,800円128GB
48,800円

『チップ(SOC)』
iphoneやiPadで一番左右されるのがチップ(SOC)の性能です。
全てをつかさどる頭脳になり、効率を上げることで素早く綺麗な画面表示やバッテリー消費を抑えることができます。

CPU・SOCとは?
スペック・仕様欄に名称をみたことがあると思います。
以前はCPU明記が多かったのですが最近ではSOC表記が多くなっています。
・この2っの違いについて
CPU(Central Processing Unit)
SOC(System-on-a-Chip)
が正式名称。
SOCとは様々な機能の核をまとめた箱をさし、その中にCPUなどがセットされています。
役割分担でいうと「CPU」が機能の指示や処理をおこない、ROMが処理をする場所(広さ)となります。
android最新SOC「Snapdragon855」
apple最新SOC「A12X Bionic」
snapdragon-soc

参照URL:https://androidlover.net/cpu-soc

・SOCでかわる性能

SOC比較AnTuTuスコア測定機種発売時期
A12X Bionic564551iPad Pro 112018年11月
Apple A12383253iPad mini 20192019年3月
Apple A12380055iPad Air 32019年3月
Apple A10204627iPad 20182018年3月

参照URL:https://garumax.com/antutu-benchmark-score

『ベンチマークでわかる性能の違い』
「iPad Pro3」に搭載された「A12X Bionic」が現時点で発売されているSOCの中で最高クラスになります。
基本的には発売日順で新しいSOCを組み込むのが常なんですが、前年発売された「iPad Pro3」になっています。

「A12X Bionic」と「Apple A12」の違い
決定的に違うのは「GPU性能」
3Dグラフィックの画像処理が圧倒的に優れているということです。
3Dグラフィックの画像処理とはCG表現において立体的に表現したり、自動運転などの立体物を読み取る機能に使われる技術です。
その他、CPUなども「Apple A12」に比べ比較的に優れているといった具合です。


参照URL:https://appleshinja.com/a12x-a12

iPadの比較・違い

・それぞれの細かな違い

最新型番iPad Pro3
11インチ
iPad Air3iPad mini5iPad 6
カメラ12メガ8メガ8メガ8メガ
Smart 
Keyboard
××
Apple Pencil第2世代第1世代第1世代第1世代
充電ケーブルUSB-CLightningLightningLightning
ビデオ撮影4K1080p HD1080p HD1080p HD
オーディオ4スピーカー2スピーカー2スピーカー2スピーカー
セキュア認証Face IDTouch IDTouch IDTouch ID

『先進技術の搭載で変わる価格帯』
こちらでわかるように「iPad Pro3」だけ少し進んだ先進技術を取り入れたことで本体価格が高いといったところでしょうか。
「古い技術=将来的に新プログラムに対応できない」のは明確です。
少し高い価格でもより先進技術を取り入れたiPadを購入するも良し!
定期的に買い替えるから1つ型落ちしたものをチョイスしていくのも良し!
使用用途によって必要なスペックをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

iPadの比較・違い

「最新iPadの比較」いかがでしたでしょうか?
少しでもお役に立てれば幸いです。

参照URL:
https://www.apple.com/jp/ipad/compare/
https://www.kashi-mo.com/media/8569/
https://livewell-m.com/entry/iphone-ipad-battery-capacity/#toc2


今すぐLINE査定♪
友達追加はQRコードを読み込むか「@daione」で検索!

買取総合窓口

まずはお電話で査定・ご相談
0120-958-460
電話受付
10:00~17:00

買取・査定

選べる買取方法

売却前のご準備

その他

店舗情報

会社概要他