あなたのモバイルバッテリー、機内へ持ち込みできますか??確認してみよう!!

[2019/08/02]

スマートフォンを使っていると、充電不足になることは悩みの一つですよね。

そのため、出かけるときは【モバイルバッテリー】を手放せないという方も多いと思います。

普段のお出かけの時は問題ないのですが、旅行などで飛行機に乗る際、モバイルバッテリーの持ち込みには制約がありますよね。リチウムイオンバッテリーが原因の発火事故が相次いだため、2016年4月以降、国際民間航空機関(ICAO)は預け入れ手荷物として輸送することを禁止しています。

そのためモバイルバッテリーは、自分の席近くに置く手荷物として持ち込むことになりました。

では、その際の持ち込めるモバイルバッテリーはどのような制約があるのでしょうか。

国内航空会社では100 - 160Wh以下のものは2個まで(100Wh以下は制限なし)と決められているそうです。

でも100 - 160Whと言われても、いまいちピンとこないですよね…。

実は市販のモバイルバッテリーは容量をmAh(ミリアンペアアワー)で表記していることが多いのです。

そのためワット時定格量(Wh、ワットアワー)を求めるには自分で計算するしかないのです。

計算と聞いてめんどくさく感じる方もいるかと思いますが、実はさほど難しくはないのです。Whを求めるには、【バッテリー容量(Ah)×定格電圧(V)】という式を利用します。ほとんどのモバイルバッテリーのリチウムイオンの定格電圧は3.7Vのため、基本的にはバッテリー容量×3.7と覚えておけば大丈夫です。

これさえ覚えておけば、飛行機に乗る前に自分のモバイルバッテリーがいくつまで持ち込めるか確認できるので安心して飛行機に乗れますね!!

とても便利なモバイルバッテリーですが、このモバイルバッテリーの使用で事故も起きているので注意が必要です。

消費者庁によると、モバイルバッテリーに関する事故の報告はこの5年間で162件、寄せられているそうです。

そのため消費者庁は、【膨らんでいる】【熱くなっている】【変なにおいがする】など、異常を感じたら使用を中止するよう注意を呼び掛けています。

感想とまとめ

モバイルバッテリーと言えば、ゲームアプリの『ポケモンGO』が大ヒットしたことで、屋外でスマホ操作する際の必需品として一気に需要が増えた印象があります。

どうしてもスマホは充電が減るのが早いので、モバイルバッテリーは本当に便利ですよね!!

今はゲームをする方もそうではない方も、【外出時の必需品】という方がとても多いのではないでしょうか。

これからお盆で帰省や旅行で飛行機に乗るという方もいらっしゃると思います。

自分のモバイルバッテリーは機内に持ち込めるかな??と思った方はぜひ確認してみてくださいね!!

文章・画像参考:Yahoo! ニュース

Yahoo! ニュース

 


今すぐLINE査定♪
友達追加はQRコードを読み込むか「@daione」で検索!

買取総合窓口

まずはお電話で査定・ご相談
0120-958-460
電話受付
10:00~17:00

買取・査定

選べる買取方法

売却前のご準備

その他

店舗情報

会社概要他