iOS13.6での自動更新設定

[2020/06/10]

こんにちは。

アイフォン・スマホ買取センターのダイワンテレコム渋谷店です。

iOS13.6Betaでは、iOSのアップデートに関する設定で、追加の選択肢のオプションが表示されるとの情報が入ってきました。

 

ダウンロードと自動実行を設定可能

 

iOS13.6のベータ2では、新しいアップデートのあるiOSのインストール項目について、ダウンロードとインストールのそれぞれで自動実行を選択できるようになるようです。

 

 

新たにリリースとなるiOS13.6のベータ2では、設定項目にある「ソフトウェア・アップデート」メニュー何の設定で自動アップデートに関するカスタマイズメニューが追加されます。

 

これまでのバージョンでは、「自動アップデート」をオンにするかオフにするかの設定というシンプルな項目設定となっていました。

バックグラウンドで自動的にダウンロードされ、自動更新の設定によってインストールされるという流れになっていました。

 

新しいiOSのバージョンがインストールされたiPhoneでは、Wifi経由での自動的なダウンロードを有効にする「iOSアップデートのダウンロード」の設定と、ダウンロードされたアップデートをインストールする「iOSアップデートのインストール」を設定する事ができるようになります。

 

この新しい設定では、iOSのアップデートファイルを許可なしに自動ダウンロードしたくない人にとっては有効な設定項目となります。

予期せぬタイミングでストレージを消費してしまうという状況を回避するために、自動ダウンロードを無効にしておく事でストレージ容量を確保し続ける事ができるようになりますね。

自動アップデートの設定では、とりあえずファイルをダウンロードしておいて、様子を見ながら手動でアップデートしようと考えている場合には有効な設定となります。

 

ただ、これらの設定は初期の設定ではどちらもオンになっているので、状況をみながら各自で設定を切り替えて利用する事になります。

これらの項目は、設定画面の「全般」という項目から「ソフトウェアの更新」を選択し、「自動更新のカスタマイズ」からオプションを選択する事ができます。

 

現在はiOS13.6のベータ版がインストールされた開発者への限定機能となりますが、正式な13.6がリリースされた後は、誰でも利用できるようになるようです。

 

Source:MacRumors

 


今すぐLINE査定♪
友達追加はQRコードを読み込むか「@daione」で検索!

買取総合窓口

まずはお電話で査定・ご相談
0120-958-460
電話受付
10:00~13:00 / 14:00~18:00

買取・査定

選べる買取方法

売却前のご準備

その他

店舗情報

会社概要他