比較してみてわかる違い

HUAWEIの貿易制裁が与える日本への影響とは?

話題になっているHUAWEI問題

 

米国をはじめとする世界各国でHUAWEI社への

 

技術提供の禁止

HUAWEI社製品の輸出禁止の規制により

 

日本国内のHUAWEIの新製品の販売がなくなります。

 

それに加えて、

docomo、au、softbankの3大キャリアで予約の受付を行っていた

2019年夏モデルのHUAWEI製品はもちろん、

格安の料金プランを提供していた格安SIMの会社などでも、

HUAWEI端末の販売が延期になるなど大きな波紋が広がっています。

 

国内の販売モールではamazonではHUAWEI製品は販売不可になり、

中古の携帯電話を取り扱っているところでは、

HUAWEI製品の買取を断っているところも出てきています。。。

 

既存の端末はGoogleのOSのバージョンを上げることは出来なくなりますが、

利用には問題が無いです!

 

しかし、ニュースにもなるほどなのでHUAWEI端末を利用しているユーザーからすると

不安感は計り知れないですね。

更にキャリアで販売されたHUAWEIを購入された方は、

売りに出しづらい、機種を買えたのにまだ残債が…

といった悩みもあるはず。。。

 

参考情報、参考画像:BUSINESS INSIDER

前向きに考えるといずれ使えなくなる端末はどれも同じ!!

wi-fiで使えなくなるとういうことではないですし、

中古業者もこぞって販売金額を安くしてますの!

 

安くなっている今が購入のチャンスです!

 

ゲーム用のデバイスでもいいですし、

格安SIMカード等でもご利用はいただけます!

ユーザーが手放しやすくなっている今がお得に購入するチャンスでもあります!

 

じつはダイワンテレコムではHUAWEI端末の買取を行っております!

海外版のモデルは技適マークの有無や選べる言語の関係でお買取りをお断りしておりますが、

キャリア版、国内版のお買取りは行っております!

 

たくさんのご依頼がある場合や、今後のHUAWEIの進展によってはお買取りを中止する場合もございますが、

今のところお買取りは行っております!!

HUAWEIのP20 Proなどの機種もお求めやすい価格にて販売しております!

 

 

関連記事一覧