白ロムについて【スマホ、携帯、iPhone高額買取のダイワンテレコム】

About the white rom

白ロムについて

白ロムについて

携帯電話機本体に、SIMカードと呼ばれるICチップを差し込んで使用する携帯電話機本体を、白ロムと呼びます。2006年頃以降に発売された携帯電話は殆どの機種がSIMカード対応です。

※一部、SIMカード非対応や W-Fi 通信専用の機種もございます。SIMカード非対応の製品を売却の際、通信回線を契約している場合は、回線契約が解約済み(または第三者が使用できる状態)である必要があります。Wi-Fi通信専用の機種はそのまま売却可能です。

SIMカードの呼び方は、通信キャリアによって異なり、ドコモ=FOMA(フォーマ)カード、au=IC(アイシー)チップ、ソフトバンク=USIM(ユーシム)カード、イーモバイル=EMchip(イーエムチップ)と呼びます。

お客様が各通信キャリアで契約されている回線情報は、このSIMカードの中に書き込まれています。その為、SIMカードを抜いた携帯電話には回線情報などが含まれておらず、不要となった携帯電話機は、通信キャリア窓口での返却や、第三者への譲渡・売却が可能です。

また白ロムとは、携帯電話機本体に、SIMカード内の回線情報や電話帳等の本体データの入っていない(または消去された)状態の携帯端末を指します。

白ロム
買取増額キャンペーン 買取増額キャンペーン
出張買取 出張買取
TOPページへ